シー・ズーとデグー

働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、この二つになります。昔は男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女分け隔てなく使用できる看護師の呼び名にまとめられることになったわけです。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、慎重に行動してください。それから、薬についてですが妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。翻って個人病院の状況ですが、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移ってさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。実行している病院がほとんどのようです。看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測り、評価できるように、一からスケールを作っていった病院もあるようです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接試験を受けることになります。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も注視されていることを、知っておきましょう。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分もみてもらうことができれば、上出来です。要資格の専門職である看護師ですが、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。それでも、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。看護師のその様子はまるで女優のようです。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、ですから、求人だってもちろん多いです。今いる職場において、そこでのハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。かなり以前は、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。今更言わずと知れたことではありますが、確実に高給を得られる専門職なのです。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復して退院した患者さんが、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。また、特に患者さんのご家族から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、看護師を辞めることを考えてしまうはずです。看護師の仕事は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。それが理由なのかはわかりませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。働きづめの病院もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにカタカナでエッセンと書く言葉があります。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたものでどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと多くの看護師はストレスに悩まされます。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、看護師というハードな仕事を続けていくためには重要視した方が良いようです。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては明らかに看護師の方が多いです。慢性的に人手が不足している医療分野では常に需要が高い傾向が見られますから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの点も、人気職である所以かもしれません。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、それを活用できるポジションにつくことができるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより当然のように疲れを蓄積していき、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、多くの病院では、申し送りを行っています。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、その他報告しておくべきいくつかの事項をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告するというものです。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう報告しなければなりません。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も求められます。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、強いストレスを感じることはよくあります。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。私の仕事は病院事務です。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがどの方もいつもせわしなく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。先生方も喜んで迎えられていて和やかで楽しい会となりました。看護師として勤務していくうちに当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。仕事そのものの失敗のみならず心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。しかしながら、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと感じることももちろんあります。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や看護師も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中でナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに衝撃を受けたからです。大人になったら、あんな仕事をしたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。確かにつらいこともあります。しかし、看護師になってよかったです。看護師をするきっかけとしてとても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高収入といえるでしょう。しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、様々な他職業と比べても、相当高めの給料をもらうことできます。医療現場という、人命のかかった職場であり、夜勤や残業が多く、それに対する手当を確実に支給されるからです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった看護師もいたのです。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに看護師の需要は高まっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。常日頃、看護師とて奮闘していて、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。とはいっても、病院にもよりますし、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
秋田県出会い系ガイド